2010年01月25日

<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か(毎日新聞)

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日、衆院本会議の代表質問で、09年度第2次補正予算案について「早期成立を図るべきと私は考える」と述べ、早々に賛成を表明した。同党は鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題を追及する方針だが、予算審議を巡る政府・与党への異例のエールは、自民党などとの野党共闘に影響しそうだ。

 斉藤氏は本会議に先立つ党代議士会で「私見として2次補正の早期成立を図る旨を言いたい」と表明。出席議員から「これから予算委員会で審議するのに、早期成立を言っていいのか」「野党としていかがか」と疑問の声が上がった。

 19日夕の自民、公明両党の国対委員長会談で、公明党側は「党として法案の賛否はまったく決めていない」と釈明したが、党幹部は斉藤氏の発言を事実上容認した節もあり、両党の溝がまた露呈した格好だ。【田所柳子】

【関連ニュース】
鳩山首相:今月末のダボス会議に出席せず 国会審議を優先
名古屋市:住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達
通常国会:野党、日程協議に応じず
通常国会:「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も
党首討論:補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ

「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花−警察庁長官(時事通信)
谷垣総裁側近の2人がベテラン議員処遇で対立 (産経新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
posted by コマツザキ サダハル at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。