2010年03月28日

小林議員、辞職・離党を否定=「職責を全う」(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は22日夜、札幌市内で記者会見し、北海道教職員組合(北教組)による違法献金事件で陣営幹部らが起訴されたことに関し、「国会と地域で有権者の期待に応えられるよう職責を全うしたい」と述べ、議員辞職や民主党離党の考えがないことを表明した。 

【関連ニュース】
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
北教組事件で2人起訴=小林氏陣営に16百万−本人関与せず、規正法違反・札幌地検
小林氏、進退は自ら判断を=鳩山首相
小林議員を参考人聴取=「会計担当に一任」−資金提供の認識否定・札幌地検
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ−時事世論調査

未発見の密約関連文書「在任時に確認」証言へ(読売新聞)
空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)
<義父暴力>重体の長男死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
足利事件 「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
posted by コマツザキ サダハル at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。