2010年04月20日

東国原知事、国政より物産展 舛添氏との連携は「時宜を見て」(産経新聞)

 宮崎県の東国原英夫知事は14日、大阪市中央区の高島屋大阪店で開かれた物産展「日向自慢みやざき展」を訪れ、従業員らとともに「(物産展に)来っくいやんせー(来てください)」と、特産品の販売強化をアピールした。

 東国原知事は記者団の質問に答えて、昨日、大阪府の橋下徹知事と会食した際に、大阪府・大阪市の改革構想の「詳しい説明を受けた」と説明。今夏の参院選に向けて、自民党の舛添要一氏から連携を求められている国政進出について「今は知事を任期満了まで務めるのが第一」としつつも、「その先は、時宜を見て」と含みを持たせた。

【関連記事】
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党にも含み 15日会談へ
舛添氏、15日に東国原知事と会談 参院選で連携か
森田健作知事 着々と成果も「甘い脇」 悲喜こもごも当選1年
宮崎名物は甘い金色「たまたま」 シェア7割の完熟キンカン
東国原知事が今春から教科書に登場 大学の時事英語
外国人地方参政権問題に一石

密約開示判決 「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)
<警察庁長官>北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)
<若年認知症>全国組織5月発足 家族らの負担軽減目指し(毎日新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
posted by コマツザキ サダハル at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。